ヒト・コト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

ト・ト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

produced by amana

CASE

いつもの動物園で新たな発見を。
動物園で過ごすスペシャルなアウトドア体験

動物園を専門家とめぐる自然撮影。親子で楽しむ動物園キャンプ。Nature & Scienceは「よこはま動物園ズーラシア(以下、ズーラシア)」とコラボレーションして、2017年の春から夏にかけて2度のイベントを開催しました。いつもの動物園をいつもとは違う切り口で魅せる、子どもも大人も楽しめる充実のイベント「Photo Caravan」。好評を博したコンテンツ、そのクオリティへのこだわりをご紹介します。


クライアントの魅力を活かしたコンテンツづくり

ズーラシアでのイベント「自然を感じよう NATURE PHOTO CARAVAN」は、「動物園に親子以外の客層を誘致したい」というクライアントの要望を受けて、Nature & Scienceが企画したものです。

まだ肌寒い早春の3月、小雨が降る悪天候にもかかわらずおよそ20人の参加者が集まり、イベントがスタート。Nature&Scienceが講師として招いたのは、野草図鑑や樹木図鑑など多くの仕事を手がけるベテラン自然写真家・亀田龍吉さん。参加者は亀田さんに自然観察をガイドしてもらいながら、植物の撮影法も教えてもらいます。参加者は園内にある「自然体験林」で早春の野草を観察・撮影。動物園内で草花の写真を撮るというのも一風変わっていますが、これはもともとズーラシアが丘陵地の雑木林を開発して造成された施設であることに由来します。

園内には自然が残っていて、早春の「自然体験林」ではカタクリやニリンソウなどの野草が咲き、絶好の撮影ポイントになるのです。とはいえ、シュンランやウグイスカグラなど春の花々は小さく可憐で、知識と技術がなければ、撮影はもとより見つけることすらできません。参加者は亀田さんの丁寧で明快なレクチャーとスタッフのサポートを受けて、楽しみながら撮影を進めていきました。動物園としての見どころだけでなく、ズーラシアの「自然が残る豊かな丘陵地」「春の野草が群生する撮影ポイント」としての魅力を引き出しました。

親子で楽しむ動物園キャンプ

続く7月中旬、同じくズーラシアで「Family Photo Caravan(ファミリー・フォト・キャラバン)」が開催。「写真から思い出す あの時、あの場所の記憶。その大切な瞬間を形に残していきたい」をコンセプトに、NPO法人ハマのトウダイとアマナが共催し、開業100周年を迎えた相鉄グループの協賛によって実現しました。

家族で動物撮影に挑戦、選んだ写真をその場でプリントしてもらい、自分だけの動物図鑑を完成させるというイベントで、さらに参加者はズーラシア内でキャンプを楽しみ、テントに泊まることができるという贅沢なイベント。動物園でテントを張って一夜を過ごす――子どもたちにはもちろん、大人にとっても特別な体験です。15組の募集に対して集まった応募はなんと380組。 抽選倍率は25倍以上という人気ぶりでした。

当日の朝、受付をすませた参加者にはまず、株式会社ニコンから最新の一眼レフカメラと望遠ズームレンズが貸し出され、担当者から使い方についてのレクチャーがありました。その後、ズーラシア園長の村田浩一先生の講演へと続くと、どの親子も興味津々。カメラと動物について学んだところで、実際に園内に出て撮影を開始。インドゾウ、ライオン、キリン、クロサイを順番に撮影し、一般来園者の入れないバックヤード見学やライオンへの餌やりも体験しました。

動物撮影が終了すると、参加者たちはこの日のために特別に用意されたテントサイトへ移動。テントやタープは株式会社スノーピークから提供され、夕食は日本バーベキュー協会スタッフによる本格的なバーベキュー。子どもも大人も自然のなかで味わう本格的なアウトドア料理を堪能しました。「たき火を囲んで動物園でキャンプする」という体験がよりいっそうプレミアムなものに。

翌朝、おいしいホットドッグと一流のバリスタが淹れたコーヒーで朝食をすませると、前日に撮影した写真を使った図鑑づくりに取り組みました。家族で過ごした充実した時間が詰まった、プライスレスなオリジナル動物図鑑が完成です。そして参加者・スタッフ全員で集合写真を撮影してイベントは無事終了しました。

子どもたちに一流を

「NATURE PHOTO CARAVAN」と「Family Photo Caravan」。それぞれ特別な体験を演出するために一流のヒトやモノがアサインメントされています。特に後者は、「子どもにこそ本物の体験を」という昨今の教育ニーズに呼応して、クオリティの高いコンテンツを提供しています。動物園にキャンプ泊するのはもとより、一流企業が提供するカメラやアウトドアツール、食のスペシャリストが用意するバーベキューやコーヒーなど。Nature & Scienceが培ってきた専門家や自然科学系施設とのコネクションに加え、アマナの「美意識」がコンテンツのクオリティを支えます。

「キャラバン」と銘打たれたこの企画は、今後も継続的に開催していく予定です。確かな専門知識と企画編集力、そして「子どもたちに一流を体験してもらいたい」という願いのもと、よりよいコンテンツを提供していきます。

Photographs by Naomi ナオミ・Circus/Takao Nagase (Ann) [Top]

2017/11/17

  • facebook
  • twitter

一覧はこちら

LATEST EVENTS