ヒト・コト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

ト・ト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

produced by amana

EVENT

ブロックチェーンは
アートマーケットを再構築するのか


施井泰平(スタートバーン株式会社代表取締役)× 小山登美夫(小山登美夫ギャラリー代表)


2019年5月13日(月) 19:00〜20:30

暗号通貨だけでなく、社会のさまざまなシーンで活用されはじめたブロックチェーン・テクノロジー。その動きはアートの領域にも見られ、国内外のベンチャーが参入し、この3月には「アート×ブロックチェーン」構想を打ち出すスタートバーン株式会社が3億円の資金を調達したことで、これからさらなる加速が予想されています。

 

一方、1996年にギャラリーを立ち上げ、奈良美智氏や村上隆氏など名だたる現代アーティストを輩出し、日本のアートマーケットを第一線で切り拓いてきた小山登美夫ギャラリー。

 

テクノロジーの介入や表現の多様化など、これから複雑化するアートマーケットはどうなっていくのか。

 

ブロックチェーンを武器に新たなかたちでアートマーケットとの接続を試みるスタートバーン代表取締役の施井泰平さんと、20年以上にわたり類のないアーティストとともに現代のアートシーンを築いてきた小山登美夫さんに、それぞれの立場からアートマーケットの未来を展望していただきます。


タイトル ブロックチェーンはアートマーケットを再構築するのか
日程 2019年5月13日(月) 19:00〜20:30
会場 amana square
料金 2,500円
定員 72名
申込締切 2019年5月13日(月)

登壇者紹介

スタートバーン株式会社代表取締役 施井泰平

東京大学大学院学際情報学府修了。2001年に多摩美術大学絵画科油画専攻卒業後、美術家として「インターネットの時代のアート」をテーマに制作、現在もギャラリーや美術館で展示を重ねる。2006年よりstartbahnを構想、大学院在学中に起業し現在に至る。

小山登美夫ギャラリー代表 小山登美夫

1996年に小山登美夫ギャラリーを開廊。菅木志雄や蜷川実花や、リチャード・タトル、ライアン・マッギンレーなど国内外のアーティストを展示。国外のアートフェアで日本アーティストを紹介する一方、国内でのマーケットの充実と拡大を模索し、若手作家の発掘、育成にも力を注ぐ。

『IMA』エディトリアルディレクター 太田睦子

サントリー広報部でPR誌『サントリークォータリー』を担当した後、中央公論社(現・中央公論新社)『マリ・クレール』や『エスクァイア』『GQ』などに所属。フリーランスの編集者を経て、2012年にアマナで創刊したアート写真雑誌『IMA』のエディトリアルディレクターを務める。

Photograph by dkey/a.collectionRF/amanaimages [TOP]

2019/4/27

  • facebook
  • twitter

一覧はこちら

EVENT REPORT

これまでに開催したイベントのレポートをご紹介

LATEST EVENTS