ヒト・コト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

ト・ト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

produced by amana

EVENT

AIが“感性”をコントロールするのか


矢野 亮(NTTデータ/社会基盤ソリューション事業本部 ソーシャルイノベーション事業部 部長)
中橋 敦(サイバーエージェント/クリエイティブ ディレクター)
金子彰洋(サイバーエージェント/マーケティングサイエンス局 局長)
渡邊慶将(アマナデジタルイメージング/マネジャー、プランナー)
赤井健二郎(アマナ/プロデューサー)


2020年2月17日(月) 19:00〜20:30

こちらのイベントにつきまして本日の開催を予定しておりましたが、新型コロナウィルスの都内での感染拡大と、当該感染症に関して世界保健機関(WHO)による「緊急事態宣言」および日本政府が「指定感染症」と示したことを受けまして、お客様および登壇者の健康と安全を最優先に考慮し、延期させていただくこととなりました。

 

ご来場を楽しみにしていたお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

 

「有料チケット」をお申し込みされた方へ
ご返金につきましては、Peatix所定の返金方法に基づき、Peatix Japan株式会社が行います。
詳しくはこちらをご参照ください。

*ご返金に関するお問い合わせは、Peatix Japan株式会社へお願い申し上げます。

 

イベント開催に関しましては改めてウェブサイトにて情報を配信いたします。
何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。(2/17、11:30am 追記)

 

インターネットの普及、システムの発展により、リスティングやアドネットワーク、SNSといった多様なネット広告ビジネスが現れている昨今。ユーザーの行動がアルゴリズム化されて個人に適正な広告が表示されるようになった一方で、望まないタイミングや場所で半強制的に見せられる広告に忌避感を抱くユーザーも増えています。

 

SNSの浸透やライフスタイルの多様化に伴い、より「個」に響くコンテンツが重要になるなか、広告制作や効果測定に求められるスピードや量も急増。もはや従来型の仕組みでは量も質も追いつけない側面も出始めています。

 

そんななか、AIを用いた新たな効果測定のソリューション「NeuroAI®(ニューロAI)」を展開するのがNTTデータです。視聴時の脳情報のシミュレーション結果から印象・行動を解析し、広告クリエイティブの効果予測を行っています。他方、サイバーエージェントは膨大な配信データに基づいたシミュレーションや新たなクリエイティブ開発体制を構築し、着実に業績を伸ばしています。

 

広告業界でもデータ・ドリブン競争が加速するなかで、AIやビッグデータはユーザーの“感性”を揺さぶる広告表現を導き出すことができるのか。

 

今回はNeuroAIの開発に携わったNTTデータの矢野亮さん、サイバーエージェントのクリエイティブディレクターの中橋敦さんとマーケティングサイエンス局 局長の金子彰洋さん、アマナデジタルイメージングで映像プランニングを行う渡邊慶将とアマナのプロデューサー、赤井健二郎が登壇。それぞれの視点から、広告マーケティングの未来と広告業界におけるAIやデータ活用の可能性を探っていきます。

 

*「NeuroAI」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。


[ 懇親会のお知らせ ]

イベント終了後、amana square内のラウンジで登壇者も交えた懇親会を行います。参加費は無料ですので、来場者の皆さまとのコミュニケーション創出の場として是非ご活用ください!
*Peatixのお申し込みフォームで、懇親会への出欠をお選びください(1/29更新)

タイトル AIが“感性”をコントロールするのか
日程 2020年2月17日(月) 19:00〜20:30
会場 amana square
料金 2,500円
定員 72名
申込締切 2020年2月17日(月)

登壇者紹介

株式会社NTTデータ/社会基盤ソリューション事業本部 ソーシャルイノベーション事業部 部長 矢野 亮

2001年株式会社NTTデータ入社。2014年ニューロビジネスチーム立ち上げ、 産学連携による脳科学ビジネスに従事。2016年fMRIを用いた動画評価サービスリリース。2017年5月から日本神経科学学会産学連携推進委員。同年11月に脳情報通信技術の事業化研究を行う「脳情報通信ラボ」始動。

株式会社サイバーエージェント/ブランド・クリエイティブ部門 クリエイティブ ディレクター/第3局 局長 中橋 敦

株式会社サイバーエージェント入社後、営業を経てクリエイティブ・プランナーへ転籍。2018年より現職。デジタルとフィジカルの融合をテーマとした企画、クリエイティブ開発を得意とする。2016年からデジタルハリウッド大学・大学院准教授。

株式会社サイバーエージェント/マーケティングサイエンス局 局長 兼 プランニングディレクター 金子彰洋

2012年株式会社サイバーエージェント入社。クリエイティブ、データ、メディアを経て、現職。自動車、飲料、化粧品、アパレル、金融など国内外幅広い業界のプランニングを担当。DSPやメディア分析ツール、クリエイティブ分析メソッドの開発も行う。

株式会社アマナデジタルイメージング/マネジャー、プランナー、ディレクター 渡邊慶将

ムービークリエイティブユニット"Groovy"のマネジャーとして企業のブランディングからウェブプロモーションまで幅広くコンテンツ制作を担当。2017年に株式会社アマナデジタルイメージング入社。企業のコンテンツパートナーとして費用対効果を最大化するためのプランニングも行う。

株式会社アマナ/Business activation Division-Ⅱチームリーダー/プロデューサー 赤井健二郎

前職でプロダクションマネージャー、アシスタントディレクター、ディレクター職を経て、アマナ入社。25歳でプロデューサーに昇格。ウェブ動画広告の制作をメインにグラフィック、サイト制作、イベント企画等幅広いコンテンツの制作を担当し、主に企画からのプロモーションを行う。

EVENT REPORT

これまでに開催したイベントのレポートをご紹介

LATEST EVENTS