ヒト・コト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

ト・ト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

produced by amana

PEOPLE

ONE STORY代表取締役社長大類知樹

1993年博報堂入社。2012年地域価値の新たな表現手法として、プレミアム野外イベント「DINING OUT」を創設。年に数回、日本のどこかで数日だけオープンする「レストラン」を、時代を代表する料理人やクリエイター、地域の人々とともに作り上げ、開催地の知られざる魅力を見出し発信する。2016年「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに、地域の価値創造をめざした活動体「ONESTORY」を設立。 長年培ったコンテンツづくりのノウハウやメディアネットワークを活かした、地域の魅力の編集と発信に取り組む。現在、「DINING OUT」をはじめ、ウェブメディア「ONESTORY」の運営、雑誌『DISCOVER JAPAN』との共同プロジェクト「DESIGNING OUT」も展開中。

DINING OUT NISEKO(2017年)

極上のパウダースノーで世界中のスキーヤーやスノーボーダーを魅了するニセコ。初の北海道開催の舞台となったのは、冬に負けず劣らず魅力的な「夏のニセコ」。大自然の雄大さと食材の豊かさを表現するための野外レストランを開催。

DINING OUT NISEKO(2017年)

会場となったのでは、ニセコのシンボル「羊蹄山」が臨める私有地の丘。一般人の立ち入りができない場所でもDINING OUTは会場にしてしまう。

DINING OUT ARITA&(2016年)

会場は名護屋城跡。名護屋城は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際して出兵拠点として築かれた城。朝鮮から陶工を日本に連れてきたのが有田焼の始まりという原点の場所として選定。

DINING OUT SADO(2013年)

舞台となったは、佐渡で最古といわれる能舞台を備えた大膳神社。県の有形民俗文化財・茅葺屋根の能舞台は江戸末期の建築。ここで、ダイニングアウトのためだけに披露された薪能を目前にこの日限りのディナーが供された。

LATEST EVENTS