ヒト・コト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

ト・ト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

produced by amana

PEOPLE

小山登美夫ギャラリー代表小山登美夫

1963年東京生まれ。1987年東京芸術大学芸術学科卒業。1987年~1989年までに西村画廊勤務。1989年~1995年まで白石コンテンポラリトでの勤務を経て、1996年に江東区佐賀町に小山登美夫ギャラリーを開廊。

奈良美智、村上隆をはじめとする同世代の日本アーティストの展覧会を多数開催した後、現在は世代を超えて、菅木志雄や蜷川実花、杉戸洋、三宅信太郎、福井篤、川島秀明などを展示。また、国外アーティストのリチャード・タトルやステファン・バルケンホル、トム・サックス、ライアン・マッギンレーなどを日本に紹介する。また、オープン当初より、バーゼル、マイアミ、ロンドン、香港などのアートフェアへも積極的に参加。日本アーティストの実力を世界に知らしめるとともに、マーケットの充実と拡大を模索し、若手アーティストの発掘、育成にも力を注ぐ。

201610月に六本木にギャラリーを移転。2007年よりアートアワードトーキョー丸の内審査員。現在、日本現代美術商協会代表理事。著書に「現代アートビジネス」(2008、アスキー新書)、「この絵,いくら?」(2008、講談社)、「何もしないプロデュース術」(2009、東洋経済新報社)、「見た,訊いた、買った古美術」(2010、新潮社)。「“お金”から見る現代アート」(2015、講談社)。

Photograph by 名和真紀子

LATEST EVENTS