ヒト・コト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

ト・ト・ミライが交差する
リアルプレイス │ エイチ

produced by amana

PEOPLE

建築家/一般社団法人マザー・アーキテクチュア代表理事遠藤幹子

東京藝術大学大学院修了。オランダでの留学中に出産・子育てを経験し、良質なデザインが多々公共に展開される社会の豊かさに触れ、2003年の帰国以降、大人から子どもまで「みんなが創造力を育める場づくり」をテーマに、公共文化施設や商業施設のデザインを多数手がける。また2011年からは国際協力NGOジョイセフと共に、アフリカのザンビアの村々にお産の施設を住民参加型で建設する「ザンビアのマタニティハウス」プロジェクトも行っている。主な作品に、彫刻の森美術館「Art Loop」(2007年)、NHK Eテレ「いないいないばあっ!」(2011年)、三重県立博物館「こども体験展示室」(2014年)、日本科学未来館「”おや?”っこひろば」(2014年)。共著に『ゼロ世代11人のデザイン作法』(六耀社)、『これからの建築士』(学芸出版社)ほか。JCDデザインアワード新人賞(2008年)、東京建築士会これからの建築家賞(2015年)ほか受賞。

NHK Eテレ「いないいないばあっ!」(2011年)

乳児向け人気番組のスタジオセットデザイン。「せかいのはじまりの太陽」がキラキラとのぼる瞬間をイメージし、たくさんの子どもたちに愛される。

東京都現代美術館「こどものにわ」(2010年)

大人から子どもまで、思い思いの絵を自由に描ける美術館。創造力が壁いっぱいに広がり、誰もがこの空間の主人公になれる。

ザンビアのマタニティハウス(2011年~)

出産による死亡数が日本の40倍というアフリカの農村部に毎年建てているお産の施設。コンテナを楽しく彩り、リユースして建てられる。地域の住人が歌って踊りながらノウハウを伝承し合い、主体的にプロジェクトを継続する文化が育っている。

LATEST EVENTS